俳句 思い出 言い換え 7


歴史に名を残した俳人の句はどれも、わずか17文字とは思えないほどに、広闊な世界が凝縮されています。, 最終回である今回は、これまでの内容をふり返りつつ、あらためて俳句とはどんなものかという永遠のテーマについて考えてみたいと思います。, 1つは、「一般的な俳句」とはどうあるべきかという問題です。昔から俳人たちをなやませてきたこの問題は、むろんわれわれとはほぼ、かかわりありません。しかし、趣味であれ遊びであれ俳句を詠むようになると、多少なり影響をうけることにはなります。, 極端な例で考えると、今日から俳句は575ではなく、775にします!ということがおこった場合、読むだけの人はそういうものかと思うでしょうが、俳句を詠む人にとっては大問題です。, もう1つは、「個別的な俳句」つまり自分自身にとっての俳句をどんなものにしたいか、どんな風に俳句に親しんでいくかというテーマです。こればかりは、他人に委ねるということができず、自分の中でアイデアをひねっていく必要があります。, 以下では、まず前者「一般的な俳句」とはどんなものなのか、について考えてみたいと思います。じつは、このことについては、これまでのお話しでふれてきたことなのです。, この連載がはじまったとき、CIRCUSのツイッターアカウントで、俳句こそ最強のVR(バーチャル・リアリティ)だと連載だ1回の記事を紹介いただきました。まさに言い得て妙だなと思います。, の句は今でも日本人の中に生きていて、俳句といえばこの句を思い出す人も多いと思います。この句を詠んだとき、芭蕉は俳句(発句)にVRとしての性質があることに気づいていたのではないでしょうか。, 江戸時代にVR?といぶかしむ方もいらっしゃるかもしれませんね。VRとしての性質とは、言い換えをすれば、実感の高度な再現性、といえるかもしれません。, 芭蕉一世の仕事として、俳諧の芸術化が先に立ったために、VRとしての純粋化・結晶化は(より適任な)蕪村に譲られた、と見ることもできるかと思います。, 蕪村の俳句に至っては、完全にVRとして詠まれているのではないか、と思えるほどです。もちろん現代科学のがちゃがちゃした機材によるVRではなくて、和室を囲む襖絵のようなVRです。画家である蕪村は、17文字をもって絵筆に代わるほど能弁な俳句を作りました。, 「和歌は心を詠むもの、俳句は景を詠むもの」とよく言われています。俳句とはすなわちVRなのだ、と考えることができると思います。, 例えば、俳句を読んでいて言葉が目にとび込んできた(つまり、その俳句を読んだ)とたんある種の感覚が器官に届く、という経験は俳句好きの方であれば、誰しも身に覚えがあるのではないでしょうか。, それは言葉に宿った魂が、読み手の魂と共鳴するからではないか――とついロマンチックな言い方をしたくなりますが、これは実際には「文字を読む」「連想する」という繰り返されるスキームの中で無意識に身についた条件反射のようなものでしょう。, この響きは、他の文学でももちろん使われるものです。しかし17文字という俳句の短さや切れ、そこからくる余韻のために、俳句においてはひときわ鮮明に響くのです。, 俳句というと、現代では一般にあまりなじみのないシロモノだけれど、とっても刺激的でおもしろいものですよ、というのがここでの主旨でした。, もちろん言葉は生き物ですから、時代が変われば当然言葉も変化します。なにより、ただでさえ古くさく感じられる俳句です。, 現代に、よりマッチした俳句も見てみたい――これが第3回「いまを感じる俳句」へとつながりました。, どんな句をご紹介しようかというところでは、じつは相当悩んだりもしたのですが、結果として中学生の俳句と芥川賞作家である又吉直樹さんの俳句をご紹介しました。, 中学生の、気負いも衒いもない俳句には、まさに新鮮な気品といまを生きているという実感があります。, また又吉直樹さんは、書けば小説の一節にもなろうかという世界を17文字の結晶として表現されていました。言葉遣いも句の姿も凛々しさを感じる俳句でした。, 連想によってこれらの俳句にとび込むのは、今回のシリーズ中でも、もっとも刺激にあふれていました。そして、難しさや古さの原因と思われる定型や季語といった、俳句独自のルールは守りつつも、新しい息吹をまとった俳句が作れるんだ、ということを実感することができました。, 古くさく、難しいと思われがちな俳句のルール、17文字とか季語について一度しっかりと考えてみたいと思ったのが、第4回「季語でひろがる俳句」です。, 残念ながら、17文字である理由については、展開の都合でふれることができませんでした。, 俳句の17文字のルーツは和歌です。では、和歌の31文字のルーツはどうなのか……はっきりした定説は調べた範囲では見つけられませんでした。, が、興味深いなと思ったのは、音楽との関連です。ピアノの鍵盤をイメージしてください。黒鍵が5音、白鍵が7音あります。, 音階は、物理的な調和をもとにわり出された空気振動だったはずですから、ここに何らかの理由がありそうです。あわせて漢詩が五言と七言からなっているのも興味深い符合だと思います。, 季語については、考え方がさまざまあるのですが、個人的には歳時記にある季語かどうかというよりも、俳句に季節感があることが重要だと感じています。季節感があるからこそ、連想が深まります。俳句は、読み手の連想を誘うことなしにしては成り立たない文学だと考えるからです。, しかし、これと異なる立場の考え方が無用なものかというと、決してそうではありません。無季・自由律俳句の考え方というのも源流は芭蕉の昔からあり長く息づいているものです。無季・自由律俳句の考え方を知って、より有季・定型への思いを強くするということだってありえます。, 句会というと、なんだか初心者には大仰な感じですが、もし身近に俳句好きな仲間がいれば、その数名で集まって俳句を持ち寄り、それをネタに盛り上がるというだけでも楽しいと思います。, 本物の句会にでると、俳句の生き字引のような人たちが集まってくるので、刺激的であるとともにその知識量に驚かされることがあります。, 学びの場としては、やはり結社の句会に参加するのが一番の道ではないかと思います。もっとも、これは独学が不要になるという意味ではなく、独学が軌道にのる、というような感覚だということも補足しておきたいと思います。, 句会に出るならば、人と俳句について話すならば、やはり知っておきたいのが有名な――とくに国語の教科書に出てくるような――俳人の句は知っていた方がいいのではないかと思います。, とまぁ、これは私自身が無知なまま句会に出たとき感じたことでもあったので、多分に自省を込めていますが、そこをとりまとめたのが前回・第6回「名句でふかまる俳句」です。, さまざまな俳人たちの、人生と俳句に対する考え方を俯瞰してみると、俳句が平面的なものではなくて、かなり奥行をもったものだと感じられると思います。, また、冒頭記したように、その名句はどれも広闊で、まさにVRとしての性質=実感の高度な再現性に富んでいるということができそうです。, 俳句について、芭蕉は「俳句とはすべてが辞世の句だ」と言っています。これは翻せば、一句一句を詠んだならばその場で死すとも悔いなし、という心境なのでしょう。, 芸術とは、芸術家の魂をけずり取ってそれを錬成して作りあげるもの――と考えていいのではないでしょうか。それほど一句に重みがある、というわけですね。, 子規の場合は、晩年病苦から自殺願望さえ抱くようになるのですが(もっともその頃の子規は、自殺することすら叶わないほどに衰弱していたと思いますが)、毎朝届く新聞日本に自身の俳句欄を見つけるとわずかに命が蘇るのだといっています。, こういった点を並べて線で繋いでみることも、近似値的な俳句の姿をイメージする上で興味深いと思います。, 芭蕉や子規の考え方をみていると、俳句は、人が生きる上での何か大きな支えにもなるように思えてくるのです。, 今度は個別的な俳句、つまり自分にとっての俳句とはなんだろう、というのがテーマになってきます。, こういうことを考えるのは、実際に俳句を好きになった後のことでしょう。まだ俳句というものを知って日が浅い方も多いでしょうから、あくまで参考事例として、すこし筆者自身のことを素材に考えてみたいと思います。, まったくお気楽な立場で無造作に俳句をひねって遊んでいたのですが、ある結社に参加して句会を体験したあたりから、俳句はライフワークというような存在になっています。, 私は、父方の祖父母を知りません。二人とも父が生まれてすぐに病没したからです。ですから、二人がどんな人だったのかまったくわかりません。, その絵を初めて見たとき、私は目の前に祖父がいるかのような、軽い衝撃を受けました。鉛筆画の濃淡、自画像や風景画をとおして、祖父が見たもの感じたものが伝わってくるのです。, それを私も真似しようと思ったわけではありませんが、たまたま俳句と出会ったことで、俳句にもそんな生きた証となるような可能性があるのかな、と考えるきっかけになったことは間違いありません。, そんなことを考えているころ、長男が誕生しました。そのころから、ぼつぼつと俳句を詠むようになり、結社に参加をしたのもこの時期です。, 自分の句をくどくどしく解説するなど気恥ずかしいのですが、簡潔にまとめると以下のようになります。, 桜もほころびはじめようかという休日の朝、出産を控えた妻がベランダに出て洗濯物を干していました。その洗濯物のちいさいこと。, 東向きのベランダには、春の朝のやわらかい風とともに光が差し込んで、屋内からみるとある種神々しいような風景に見えたのです。, 長男は、逆子の自然分娩だったのですが、出産そのものはなんの問題もなく生まれてくることができました。, 要するに俳句をどんなふうに楽しんでいくのか、どう親しんでいくのかということを考えてみるのも、俳句をはじめていく中でのひとつのモチベーションになるということを示したかったのです。, 貴重な機会を与えてくださったCIRCUSの担当編集者様、なによりここまでお付き合いいただいた読者の方々に御礼を申し述べ、この稿を終わりたいと思います。, 2000年都内某私立大法学部卒。南関東在住。
俳句とは. !俳句の特徴や人物像など徹底解説!, 【中村草田男の俳句16選】代表作(有名句)はこれ! また言葉遣いが正しいかどうかも確認しましょう。このホームページのトップページに、「文語文法覚え」コンテンツがあります。そこで言葉遣いの基本について解説しておりますのでご覧になって下さい。, 作品ができたら、それがどの程度の出来映えであるか、言い換えますと、どれだけ共感してもらえる作品であるかを確認したくなります。 新聞の俳句欄とか、俳句雑誌の募集に句を提出することを投句といいます。新聞でも俳句雑誌でも伊藤園の募集でも、思いきって投句してみましょう。 !上手いオリジナル俳句作品を紹介!, 【石田波郷の俳句16選】代表作(有名句)はこれ!
¹å¥³, 【切ない片思い】有名な恋の俳句②鈴木真砂女, 【切ない片思い】有名な恋の俳句③黛まどか, 【切ない片思い】有名な恋の俳句④橋本多佳子, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑤桂信子, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑥松本恭子, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑦高柳重信, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑧大高翔, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑨山﨑十生, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑩池田澄子, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑪杉田久女, 【切ない片思い】有名な恋の俳句⑫高浜虚子, 片思いはいつの時代も心震わせる, 【まとめ】恋の俳句が心に響く!, デニムジャケット・ジージャン, 冬の着こなし・コーディネート. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そして、まず、ここで気を付けたいのが、「17文字」ではなく、声に出して詠んだ時に「17音」のリズムである、ということです。こちらの俳句を見てみましょう。, 声に出して読んでみると分かりますが、「蝶(ちょう)」の「ちょ」のように拗音(ようおん・「ゃ」「ゅ」「ょ」「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」など文字で小さく書き記す語)が付く場合は二文字を一気に発音します。ですから、「ちょう」の「ちょ」は一音とカウントするので「ちょ」「う」で二音になるのです。, また、促音(そくおん(つまる音)・「そっと」の「っ」)はそれだけで一音とするので、「そっと」なら「そ」「っ」「と」で三音になります。, 音をのばす長音符(ちょうおんぷ・「ノート」の「ー」)もそれだけで一音とするので、「ノート」なら「ノ」「ー」「ト」で三音と数えるということも頭においておきましょう。, 先にも述べた通り、「17音」が俳句の基本的な形なのですが、中には17音を超えるもの、17音に満たないものも存在します。, それらは、「字余り」「字足らず」といい、ルール違反ではなく、作品の印象を強めるために作者が意図的に用いることもあります。, しかし、「字余り」「字足らず」を効果的に取り入れた俳句は難易度が高いので、俳句初心者の方はまず、5・7・5を意識して作ることからはじめましょう。, たとえば春は「桜」や「ひな祭り」、夏は「海水浴」や「かき氷」というように、多くの人が「いかにもその季節らしいな」と感じるような言葉、それが季語なのです。中にはあまり聞き慣れない言葉もありますが、季語の多くは、その季節になれば聞いたことがあるような身近な言葉ばかりです。, 季語を詳しく知るには、『歳時記』といって、それぞれの季節に属する「季語」が、絵や写真を交えながら説明された図鑑のようなものがありますので、ぜひ一度図書館や書店で手に取ってみてください。(インターネットでもある程度なら調べることができます。), ※『歳時記』は春、夏、秋、冬、新年に分類され、その季節は旧暦が元になっています。そのため、今の私たちの生活と一ヶ月程季節感がずれていることに注意が必要です。, 大まかに1月から3月を春、4月から6月を夏、7月から9月を秋、10月から12月を冬として考えるといいのですが、実際に俳句を作る時には、使いたい季語がどの季節を表す言葉なのか一度確認してみると良いでしょう。, 俳句の特徴をおさえたら、早速自分で作ってみましょう。では、手順を紹介していきます。, あれこれ悩む人もいるかもしれませんが、「よし、今から俳句を作ろう!」などと考え過ぎず、まずは肩の力を抜いて、目や耳や心、全身を使って色んなものを観察してみましょう。, そうすればきっと、毎日の生活の中に俳句の材料がたくさんころがっていることに気が付くはずです。, こんな風にみていくと、どれも「特別なこと」ではないと感じられるのではないでしょうか?, どこかに出かけた時のこと、何かイベントに参加した時のこと、また、何気なく過ごす日常の、どんな物事も俳句の立派な材料になるのです。, また、それでも俳句にしたい材料が思い浮かばない時は、歳時記に目を通しながら「季語から考える・連想する」というのも一つの方法です。, 俳句の材料が決まったら次は「いつもの言葉で」書いてみましょう。日記や手紙を書くような気持ちで取りかかるとすらすらと書けるかもしれません。, 張り替えるのが面倒だな~なんてことで頭がいっぱいになったけれど、なんとなくその穴を覗いてみた。, きれい、本当にきれいだ!感動してしまった!張り替えが面倒だとか、どうでもいいように思えてくる。, これは、小林一茶が詠んだある俳句を元に、恐らく一茶の頭の中にはこんな言葉が溢れてきたのではないかという気持ちを文章にしてみました。(※あとで、俳句も紹介します。), こんな風に、最初は俳句の形式など考えずに、まずは自分の心の感じるままに、自分の言葉で思いを綴ってみるのです。, 自分の言葉で文章にしたら、次は、自分が一番何を伝えたいのか考え、その部分を選び出しましょう。これを「俳句の中心」と言いますが、「1つの俳句に中心は1つ」が原則です。, 先ほどの一茶の俳句を元に書いた文章から、一茶が一番言いたい「俳句の中心」を絞ってみました。, 一番言いたいことを絞っていく中で、もしも、削れないと思うことがいくつかあれば、それぞれを中心とした別の句に使うことにしましょう。, 俳句の中心が決まれば、次は、伝えたいことが5・7・5のリズムになるように言葉を考えていきましょう。, 5・7・5にすることができたら、読みにくいところはないか、何度も声に出して読んでみましょう。, また、季語が1つ入っているか(原則季語は1句につき1つです。)そして、ためしに上の句(最初の五音)と下の句(最後の五音)を入れ替えてみたりしながら、分かりやすく、伝わりやすい表現になっているか確認してみよう。, この俳句は、5・7・5のリズムになっており、「天の川」という季語が1つ使われています。俳句の形式にしっかりはまり、季語が一つ入った分かりやすい俳句となっていますよね。, 現代の私たちの感覚では「天の川」というと、夏を思い浮かべる言葉ですが、歳時記には秋の季語に分類されています。, 最後に、俳句を作るにあたって忘れてはいけないポイント「切れ字」を紹介します。「切れ字」は、紹介した一茶の俳句にも使われていましたが、使えるようになると俳句らしさが一気にアップする言葉です。, 一茶の俳句では、驚くほどきれいな天の川の美しさを「うつくしや」と表現していましたね。, 「うつくしや」の「や」が切れ字で、切れ字は句の途中にも句末に置くことができ、大きな感動を表したり、余韻を残したりという大事な役割をします。今の私たちが使う「!」や「!?」のようなものと考えると分かりやすいかもしれません。, 「切れ字」には、「切れ字十八字」などがありますが、よく使われているのは「や・かな・けり」の3つですので、この3つは覚えておき、使えるといいですね。, 「上手に詠もう」と考え過ぎないで、まずは、今の気持ちを5・7・5のリズムにのせて詠んでみてはいかがでしょうか。, 「俳句を作ってみよう」というその意識こそが、あなたの日常をもっと彩り豊かなものにしてくれるはずですから。, […] https://jpnculture.net/haiku-tsukurikata/ (article in Japanese) […], […] とりあえずの https://jpnculture.net/haiku-tsukurikata/ […], 俳句の基本は、定型、季語、座(制作鑑賞共同体)です。 ただ、定型といっても文語のリズム、他もあるでしょうって思っちゃいます。季語といっても旧暦ですから、ずれてる。そもそも象徴力は詩語のほうがあります。 ということで伝統的な俳句はあたしはNGですが。俳句は老人の文学なんて言われますよね。でも、いいもんはいいですよ。和歌や詩のほうがグッとくる割合は高いけど 暗黒や関東平野に火事一つ 湾曲し火傷し爆心地のマラソン(金子淘汰), 学校で俳句の宿題があって、 なにを書こうか迷っていたので、 ありがとうございます。(^◇^). 男の子ばかり三兄弟の父でもある。. またこのHPには「インターネット画面句会」があります。どうぞご参加ください。, ホームページ内の「俳句とは」をお読みください。俳句とは何か、俳句の楽しみからなど、初歩の方を対象にできるだけわかりやすく解説して参ります。 俳句と言えば作るのが難しく、素人の人からすれば難易度が高く感じやすいです。しかし、俳句にはその時の思いを載せることもあり、片思いの切ない恋の俳句もあります。今回は片思いでも有名な恋の俳句について簡単にご紹介したいと思います。 俳句は5・7・5の17音に季語を入れ、それぞれの季節の自然や感動を表現する世界一短い定形詩です。 俳句のルールはとても簡単で、まず、5・7・5の17音で詠むことが挙げられます。 夏の俳句(1)松尾芭蕉が旅の途中に詠んだ感傷的な夏の俳句 「 夏草や 兵どもが 夢の跡 」 日本だけではなく海外でも有名な俳人、 松尾芭蕉 (まつおばしょう)による一句です。 芭蕉は江戸時代中期に活躍した人物で、日本各地を旅しては多くの名句を残しました。 !俳句の特徴や人物像など徹底解説!, 【飯田龍太の有名俳句16選】知っておきたい! 世界で最も短い定型詩と言われる俳句。 その魅力は、季節の風景やその時に感じたことを5・7・5の17音という短さで表現することであり、それ故に誰もが簡単に作ったり、鑑賞して楽しんだりすることができるのです。 今回は、俳句初心者の方でも「俳句を作ってみよう! 思い出すの言い換えや別の言い方。・意義素類語過去を思い起こす思いだす ・ 思起す ・ 懐う ・ 回想 ・ 思い浮べる ・ 思い返す ・ 偲ぶ ・ 思返す ・ 思出す ・ 想出す ・ 思浮べる ・ 思い出だす ・ 想起す ・ 憶 … 歳時記の存在すら知らず同窓会の句会に入って20数年、上達しません。それでも止められず下手な俳句をひーひー言いながら作っております。有名な5つの俳句がいいですね。あまり多いと混乱しますので。季節が変わりましたらまた見ます。よろしくお願いいたします。. 検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを クリックし表示ください。 [参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語 俳句は17文字の自分詩、そして1日1行の自分史。 ちょっとオシャレな自分史を作り上げるのが俳句の世界です。 誰にでもいつからでもはじめられる、これが俳句の大きな特徴です。さあ、俳句を始めましょう。 ・俳句は5・7・5で作る

元彼 後悔 させる 復縁 15, Pc Tv Plus 不具合 5, Lr 7 Voice 歌詞 7, 面長 ベース 髪型 5, ストームスリンガー 装備 フェト以外 16, 2019年 ヒット曲 洋楽 8, The Rampage Lovetheworld 7, Pdf パスワード 一括 5, アーチャー伝説 スキル 最新 11, The Rampage グループ 絵文字 4, Pubgモバイル 感度 Ipad 27, ミラティブ 読み上げ 変更 Iphone 30, 妻 無視 疲れた 9, 吉本 芸能人 一覧 12, スネ夫 名言 映画 17, Twitter やめたい 絵 4, Shishamo ボーカル なんj 5, 猫 わがまま 嫌い 11, マリノス プライマリー 追浜 スケジュール 9, ナイロン糸 100 均 14, Lec 司法書士 模試 2020 5, Thinkpad T530 Cpu交換 20, ソニー サウンドバー 壁掛け 5,

Leave a Comment

O seu endereço de e-mail não será publicado. Campos obrigatórios são marcados com *