kz zsn pro リ ケーブル 4

1.1 スペック; 1.2 4BA+1DDのマルチドライバイヤホン; 1.3 リケーブル可能な0.75mm銅ケーブルが付属; 1.4 超ハイパワーの攻撃的サウンド; 1.5 長時間着用で若干の痛みを感じる; 1.6 スマホでも使用可能なインピーダンス30Ω; 2 ロックや電子音系が似合うイヤホン KZ ZSN Pro 重低音の再現性を強化 出力音圧レベル:112db 再生周波数帯域:7Hz-40000Hz. リケーブルケーブルはkz zsnに付属していたものと全く同じです。 2,000円クラスのイヤホンとしてはしっかりしている方だと思います。 この耳かけ部分にワイヤーがないので圧迫感もなく装着感がめっ … ZSNシリーズも3作目となり、型番にXが付くようになってきました。(笑. 今回はいつもの1BA+1DD中華イヤホンレビュー編として先日発売されたKZ ZSN Proについてレビューをまとめたいと思います。, 今回はAliExpressのKZ Global Store(@KEarphones)から購入しています。, KZ ZSN Pro 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (ZSN Pro銀‐紫・マイク付き), KZ ZSN Proは以前レビューしお気に入りとなった1BA+1DDイヤホンRevoNext QT5と同じドライバ構成です(ドライバのモデルが同じという意味ではない)。そして同社のKZ ZSNの後継モデルとして「Pro」の名が冠されました。ZSN(無印)との違いとして先ず目につくのがフェイスプレートのデザインが凹の溝から凸のラインに変更されていて見た目もデザインチェンジを果たしています。本体シェル自体は変わりがないようですが音質がどのように変わったのか。改良版として相応しい商品と云えるのかが気になるところです。, ZSN(無印)は昨年秋の発売と同時に入手し以前レビューをしていますが中低音寄りの音質傾向でそれまでに発売されたKZ社のイヤホンとは異なり万人受けする音質傾向であったためネット上でもかなり話題となりました。そのお陰か現在も当ブログへのアクセスは多く現在でも注目度の高い商品と云えそうです。, ZSN(無印)はこれまでにレビューした1BA+1DD中華イヤホンの中で今でもお気に入りの一つで好んで使用しているイヤホンです。それは数多ある1BA+1DD中華イヤホンの中でも単純なドンシャリ(相変わらず失礼)ではなく中低音寄りで高音域は出しゃばらず低音は量感十分で広がりがあって聴きやすく中音域特にボーカルは中々のレベルにまとまっていてボーカル中心のリスニング用として愛用していますが、仮にブラインドテストを行った場合にはKZ社のイヤホンとは考えつかないだろうという仕上がりでした。, その改良版後継機種という看板を引っ提げて登場したZSN Proが注目されない訳もなくKZ Global Store公式twiterによるツイートをTLで見かけるや否や脊髄反射でポチるというこれまでも何度かあったようなアホさ加減を発揮しております。, 今回KZ Global Storeでの購入特典がZSN発売時同様に純正銀メッキアップグレードケーブルで目出度く2本目をゲットしました。ZSN(無印)及びZSN Proは2ピン仕様ですが所謂qdc仕様のコネクタカバータイプのため、選択肢が少ないです。一応普通の2ピンも使えますが構造上ピンで固定する形となり強度に不安があります。そういう意味でこの純正アップグレードケーブル付属は嬉しい誤算でした。, ZSN Proの納期としては3月末にオーダーし8日ほどで届きました。輸送がシンガポールポストだったことを考慮すればとても早いといえます。これまでの経験上シンガポールポストだった時の3週間以上は掛かっていましたので追跡番号にSGには注意が必要で変更できるならチャイナポスト(CN)に変更するようにしていましたが、今回のショップではスタンダードシッピング一択なんですよねぇ。まぁ思っていたよりも早く無事に届いていますので一安心です。これまでのAliExpressのSGでは最短でしたので以前同様に通常届くまでに21日程度は掛かりますが良い意味でのイレギュラーもあるよと備忘録として残しますね。, そんな訳で、一般的にAliExpressでの購入では国内で購入するより安いが届くのに少し日数が掛かることと、心配なのが「届かない、不良品だった、頼んだものと違うものが届いた」というような今や国内ネットショッピング大手ではあり得ないことが稀(?)に起こるデメリット(リスク)です。それでも国内で発売前の商品を入手できたり国内より安く入手できるメリットを比較した場合に止められない魅力があり、みぃねこは活用しています。なおこのリスクに不安がある方には全くお勧めできませんので国内amazon等での購入及び取り扱いを待って購入をお勧めします。, ZSN Proのスペックは3,000円前後及び以下の低価格中華イヤホンで採用されている1BA+1DDのハイブリッドです。低価格帯ではドライバ構成からBAが中高音域を、DDが中低音域を主に担当していて3ドライバ以上の構成よりも中音域が薄くなりどの音域を重視するかによって音質が大きく変わる傾向があります。そのためこれまでレビューした低価格中華1BA+1DDイヤホン同様に中音域のチューニングがポイントになり、高音域と低音域が重なる中音域のクロスオーバーがチューニング技術の見せどころとなります。このチューニング次第でKZ ZSN Proが「当り」か「外れ」という評価に繋がってくるといえます。, パッケージングはこれまでのKZ社同様に白箱を基調としたスリーブタイプです。箱の表にはイヤホンイラストが印刷され、裏にはスペックが記載されています。他の低価格中華イヤホンと同様の化粧箱ですね。, スリーブを外すと内箱の中は白地でイヤホンが2個が収納されしっかりと固定されています。付属品はイヤホンが収納された台座を取り出すと箱の底にあります。, 付属品はイヤーピースがシリコンS、M、Lの3種各1セットといつものKZイヤピと異なるタイプが本体取付け済みで、他にはケーブルです。流石に中価格帯のようにケース等はありません。低価格帯の余計な付属品はいらないとう潔さは好感が持てますね。, とはいえ以前のKZの化粧箱と異なり内箱が黒いプラの成型ケースから質感の向上を窺え低価格帯の質素な化粧箱とは異なりますね。, ビルドクオリティですが、このKZ ZSN Proは同社ZSN同様に中華イヤホンで心配されるような各所の仕上りに雑なところを感じません。1年ほど前はZST等でシェルの隙間等雑な部分を感じられるところがありましたが他の低価格帯と比べても現在は同社の製品も安心して購入できるのではと感じています。みぃねこは青色を選択しましたがカラーバリエーションは他に黒色と紫色があり、このZSNが紫色だったのでZSN Proは青色を選択しました。, 付属ケーブルはZSNでは2種のカラーがあり本体シェルの色によって付属するカラーが異なりましたがZSN Proでは暗い茶色のみとなるようです。またシュア掛け用のチューブ加工がされており耳への装着性も悪くありません。, シェル本体は先述の通りZSNとフェイスプレートのデザインが異なること。ステムノズルの色が本体色に合わせて異なるだけで同じ形状のため装着感は良さそうです。, そして他の1BA+1DDイヤホンと比較すると当然ですがKZ ZSNと同じでRX8よりやや大きくQT5からは結構大きく感じます。その代わりシェルは樹脂とフェイスプレートが金属のためやや重量がありますがQT5よりもやや軽くRX8よりやや重くなりますがその装着感の良さによりあまり感じることはありません。ただしステムの太さはほぼ一緒ですが角度がそれぞれ異なっていますので耳への装着感はみぃねこは付属イヤーピースMサイズで良好でしたが、この辺りは個人差があるかもしれませんね。, みぃねこは付属品イヤーピースのいつものKZイヤピではない方の本体装着済みイヤピ、(恐らく)Mサイズを使用して耳へのフィット感及び音質も本来のものと感じましたのでそのまま使用しています。, これは低~中価格の中華イヤホンでは付属のイヤピでは装着感は基より音質面でも本来の実力を発揮できない場合がありますので、個人的な意見となりますが装着感を優先し音質の傾向を変えないタイプへ交換する事をお勧めします。(この辺りは個人差やステムの太さや角度等も関係していると思いますのであくまでも参考程度にお願いします), 付属ケーブルはZSNやZSAやAS10と同じ暗い茶色の編込みタイプです。使用感は悪くなくシュア掛け用にチューブで癖付けがありますがワイヤーはありませんので、ワイヤーが苦手な方には朗報ですね。そして全体的に絡まりにくくしなやかなものとなります。これはZST等の旧LOTで長らく採用されていたゴムゴムとは大違い(最新ロットではZSA等のタイプに変わったようです)で、そのまま使用できますし落ち着いた色合いも普段使いするには目立たず嬉しいですよね。, これまでの低価格中華イヤホンではiPhone6s、直挿しでレビューをしてきましたが今回からはShanling M0を基準としてレビューを行うことにしました。もちろんiPhone6sでも十分鳴らすことができましたし、音質傾向が高価格DAPを使用した時ほど極端な差が出るわけではありませんので、ご容赦ください。気になる方は以前の「Shanling M0とiPhone 6sをDAPとして比較」をご覧ください。, では実際に聴いてみます。ソースは宇多田ヒカル/First Love、平井堅/瞳をとじて、倖田來未/Moon Crying。高音低音域の確認用に松岡充/SURPRISE-DRIVEです。イヤピとケーブルは先述の通り付属品を使用しています。, 箱出しで聴いてみた第一印象は「中高音寄りで低音が少なめながらバランスが良い」でした。(もちろんスマホ付属品とは大違いです。), そのため今回は先に鳴らし込みを実施し聴き込んでみました。音場は広くも狭くもなく普通で音の分離感は普通です。ボーカルは普通からやや近めで曲によってやや近く感じます。低音は量感十分ですが広がりはそれほどありません。ただし締りとキレが良いため小気味よく感じます。沈み込みは普通からややあるように感じベースラインも追いやすいです。高音は煌びやかさがありますが伸びは普通かやや少なく刺さりは感じませんが低音に負けていません。傾向としてやや中高音寄りから中音を中心に高音域の煌びやかさと低音域の質感の高いややドンシャリと感じます。これはボーカルがやや近めのためにその周りに中音域を中心に高音低音が存在するようなバランスです。ZSNでは中低音域寄りで量感があり広がりの感じる低音や明快な中音域としながらも高音がしっかり存在感を示す聴きやすいバランスの音質でしたが、KZの高音としては少し物足りなさを感じるところがありました。, このZSN ProではZSN(無印)の物足りないところを改良した音質傾向と云えます。, 改めて聴き比べると高音域はProの方が煌びやかさを感じますが中音域の明快さやボーカルは無印の方が自然でなめらかさを感じます。Proの中音域の方が無印と比較した場合にクリアに聴こえますが少しだけ乾いたように感じボーカルが少しだけ粗く聴こえます。これについては無印もProもレベルが高いところでまとまっており仮に無印を聴いたことが無い方がProのみを聴いた場合には十分といえるレベルだと思います。, Proと無印で最も異なるのは低音域で無印の量感と広がりのある分かりやすい低音に対しProは量感こそ比較的少なく感じますが十分に存在感があり、なによりこの締まりとキレの良さが低音の質感を高めていてテンポの良い曲などでその真価を発揮しそうです。そしてこれら2つを比較した場合をまとめると以下の通りとなりますが、先述の通り高いレベルでまとまっていて低価格中華1BA+1DDイヤホンの中でも上位に入る仕上がりなのではないでしょうか。, もはやどちらが上で下という明らかな優劣のレベルではなく嗜好の違いということなのかもしれませんね。, Proは高音域の派手さと低音域の質感が増していて、無印の聴きやすいバランスとProの聴きやすいバランスではその狙う方向が違うと感じました。一言で云えばKZ ZSN ProはZSNのアップデート版として相応しく高音低音が改良されたややドンシャリとなるのですが、KZ社はZSN以降完全に万人受けする傾向のチューニングのコツを掴んだのかもしれませんね。, そのためZSN ProはZSN無印と基本的に同じ音質傾向でありながらアプローチが異なり中高音の派手さを求める方には好評となるのではないでしょうか。一方ZSN無印の中低音寄りの音質傾向が好きな方からは評価が分かれることになりそうです。, M9は昨年秋に発売されたFiiO社のDAPで通常の3.5アンバランスに加え2.5バランス端子を装備しBluetooth接続やストリーミング再生に対応するコンパクトな万能モデルです。これまで同じ端子構成で同社のX3 mkIIIを気軽に使える機種として使用していましたが、ほぼ有線接続機としての役割で、他にもストリーミング用専用機等を保有しており流石に増えすぎたためこれらを1機種に集約し整理することを目的とした導入です。この購入経緯も選定から色々ありましたが一言でまとめると「日尼〇ね」です。キャンセルするなら売るな。販売側のキャンセルがノーリスクなのはおかしいと心底思いました。結局イーグルスでおなじみの通販サイトでポイント使ってほぼ同じ価格で購入しています。, 閑話休題。結果、Shanling M0の時とは異なり低音は量感が増し締まりとキレの良さと沈み込みを更に感じる等元々高かった質感の向上をはっきりと感じます。高音は煌びやかさが増しその分主張を強く感じられ分離も良くなりました。中音域は明快になり明らかに分離も良くなっています。特にボーカルはM0で感じた乾いた粗さが影を潜め艶を感じます。最早M0で聴いたときのネガティブな印象は全く感じません。DAPが変わることで同じイヤホンでも印象が変わりますね。, リケーブルやイヤピースを追い込むともっと上を見ることができるかもしれない。そんな実力の片りんを見せられたような気がします。今後そのあたりを追い込んで機会があればまた記事にしたいと思います。, ではKZ ZSN Proは当たりなの?外れなの?と問われたら「ZSNの正統進化モデルで全音域バランスの良い聴きやすいイヤホン」なので「一軍で気軽に外に連れ出せるイヤホン」というのが個人的な評価です(相変わらず答えになってない)。正直これ程までに以前レビューしたお気に入りのRevoNext RX8を脅かす存在が短期間で幾つも発売されると新しい方に目が行ってしまいますよね(だって人間だもの)。, さてKZ ZSN Proはこれまでの低価格中華1BA+1DDイヤホンの雄KZの強ドンシャリとは異なり高中低音域のバランスの良い表現力を持ったイヤホンとまとめました。, 相変わらず手持ちではすでにお蔵入りしそうなイヤホンもあり折角なのでこれらのイヤホンもいつかは1BA+1DDイヤホン同様にレビューしてみたいと思いますが気長にお待ちいただけますと幸いです。, 最後に、今回は3,000円以下で買える低価格1BA+1DD中華イヤホンの紹介となりました。現在amazonでも取り扱いが始まり2,000円半ば程度で購入できるようです。一方AliExpressでは2,000円を下回る価格で購入できそうですが入手性に少々難があります。とはいえこれまでの低価格中華イヤホンよりその音質を含めクオリティは十分満足できる内容となっていますので低価格中華イヤホンの購入を考えていて少しでも気になった方は安心確実なamazonを。少しでも安い方が良い方はAliExpressでの購入も検討してみてくださいね。, 以下、付属ケーブル、イヤピM使用、DAP M0高音★★★★ 中音★★★☆ 低音★★★★ 音場★★★分離★★★お勧め度★★★★ (ボーカルのクリアさ。低音の質感を求める方), 以下、付属ケーブル、イヤピM使用、DAP M0高音★★★☆ 中音★★★★ 低音★★★★ 音場★★★分離★★★お勧め度★★★★ (低音の自然な広がり。ボーカルに艶を求める方), 以下、付属ケーブル、イヤピM使用、DAP M9高音★★★★☆ 中音★★★★☆ 低音★★★★★ 音場★★★☆分離★★★☆, あとがきとして、今回は1BA+1DD低価格中華イヤホンの新商品をレビューをしてみました。1BA+1DD低価格中華イヤホンとしてこれが21個目となりますが新作情報もキャッチしていますので非常に楽しみにしています。, 今後も気になる商品や1BA+1DDイヤホンの新商品が出れば追加でチェックしていきますのでよろしくお願いいたします。沼にハマった者の戯言に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。みぃねこ, いろいろなこと、主に趣味の備忘録として活用。自分が気になるモノについて自分が感じたことの記録です。商品提供もお受けしています。ご用命はtwiter DMへお願いします。, miineco106さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog twitterは@magnolia_time facebookはやってません。イヤホン関係メモは毎日更新中。, US $15 - 15.75(約1,670 - 1,754円)- Easy earphones, US $19.77 - 20.76(約2,201 - 2,311円)- KZ Global Store, [レビュー] CCA C10 PRO (1) 伸びやかなドンシャリは意外と生楽器が魅力的…なのに定位が惜しい, [レビュー] KZ ZAX (1) 気持ちよく聴くことも分析的に聴くこともできる高解像度イヤホン, 中華イヤホンには個体差・ロット差がよくあります。必ずしも本レビューと同様の音が出るとは限りません。, 全帯域に通じたバランスの向上、迫力でる低音、伸びやかな高域、ボーカルが自然で清らかな音. KZ ZS10 PRO 5ドライバ搭載のハイエンド 音圧感度:104dB 応答周波数:7Hz-40000Hz KZ ZSN スタンダードモニター 出力音圧レベル:104db 再生周波数帯域:20Hz-40000Hz. 40代集合!オニオン座は、iPad・iPhone活用術や、デジタルガジェット紹介、東京都内近郊の情報をお届けします!, 先日、PUBGモバイル用に高音質でボイスチャットできる低価格イヤホンを探してみたら、中華イヤホンKZ ZSNを買うことになり、安くて音も良くマイクも調子が良くて最高だったというレビュー記事を書きました。そしたら後継機のKZ ZSN Proが発売されたことを知り、さっそく買ってみましたのでレビューしたいと思います。, そもそも、中華イヤホンとは何なのかご存じない方も、PUBUモバイルを強くなりたい人も是非ご覧下さい。, 今、ハイコスパな中華イヤホンがアツイです。いや浸透してきたのは2,3年前からかな。PUBGモバイル、通称パブジーモバイルをガッツリ楽しむために中華イヤホンをまた買い始めました。, そもそも中華イヤホンという名前を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。中華イヤホンとは文字通り中国メーカーのイヤホンで、基本的には家電量販店などでは買うことが出来ず、Amazonなどのネットショップか一部のオーディオ・イヤホン専門店で購入することができます。機種選びさえしっかりすれば、国内外の有名イヤホンメーカーよりも低価格でコスパが異常に良いのが特徴です。, でも開発・製造・販売が全て中国企業というところから察して頂けると思いますが、中華イヤホンは大手メーカー品と比べると初期不良率は高いし、口コミレビューはサクラだらけで信用できません。上位機種や後継機種の方が音が悪かったりする暴れっぷりですから。, そんな中華イヤホンでも比較的安定感があるのが中国KZ(Knowledge Zenith)社のイヤホンです。, よくあるイヤホンはドライバー(イヤホン内の小さいスピーカー)が1本であるのが普通ですが、KZ社のイヤホンは複数のドライバーが入っている、いわゆるマルチドライバーイヤホンがお得意です。一般的にマルチドライバーイヤホンは高価なものが多いのですが、KZ社のイヤホンなら安いものなら1,000円台から販売されていて、iPhoneやスマホに付属しているものからステップアップしたい方にもオススメです。, このKZ社のイヤホンの殆どはリケーブルに対応してます。リケーブルとは、イヤホンケーブルを簡単に自分で交換できるもののことを言います。, 一時期の私がそうでしたが、3,000〜5,000円くらいのイヤホンをメインに使っていた頃は聴き終わったらズボンのポケットに突っ込んで使っていました。こんな使い方だと1年前後でイヤホンケーブルのどこかが断線してしまい、毎年のように買い換えていました。特に日本製のこの位の価格帯のイヤホンってケーブルが細くてすぐ断線しますよね。, でもリケーブル対応のイヤホンなら、もし断線してしまっても安いもので1,000円程のケーブルだけ交換すれば済むので、がさつに使う方でも非常に経済的なのです。途中でもう少し良い音が聞きたいと思ったら、上位のアップグレードケーブルに交換すれば格安でグレードアップ可能が可能なのもメリットの一つです。例えばこういうやつです。, で、私のメインイヤホンはオーディオテクニカのATH-IM04(当時の売価は5万円以上)なのですが、デジタルオーディオプレーヤーXDP-30Rで聴くために2.5mmジャックのバランスケーブルにリケーブルしているためゲームのたびにケーブルを繋ぎ直すのが面倒でした。手頃で高音質なイヤホンを使ってPUBGモバイルしたいなと思ったため、昨年KZ ZSNを購入しました。ほかにもKZ AS10などを持っていますがその辺はオーディオ専用のサブイヤホンとしたかったからです。, KZ ZSNは、ふくよかなで自然な音が特徴的なダイナミックドライバー(以下DD)が低音を担当し、はっきりくっきりして伸びのある音が特徴的なバランスドアーマチュアドライバー(以下BA)が中高音を担当するマルチドライバーイヤホンとなります。, 詳しくは前回のレビュー記事をご覧頂きたいのですが、たった2,000円程という低価格なのに驚くほどバランスの良い音を奏でるイヤホンで、KZ ZSNはKZ ZS6やZS10といった上位機種よりもずっとお気に入りのイヤホンでした。, それから半年ほど経ってから後継機種のKZ ZSN Proを発売するという情報を聞きつけてさっそく買ってみました。ここからは開封レビューをお届けします。, KZ ZSN Proの価格はAmazonでは2,650円でしたが、250円引きクーポン適用で2,400円でした。マイク付きでなければもっと安く買うことができます。, Amazonでポチって到着したKZ ZSN Proのパッケージがこちら。簡易パッケージとなっています。, KZ ZSN Proのスペックは周波数帯域が7〜40,000Hzというハイレゾ対応品。インピーダンスは24Ωで音圧は112dB/mWです。, いつもながらこの雑なビニールシュリンクに中国大陸の寛容さを感じます。日本や欧米のまともなメーカーなら間違いなくパッケージ不良品ですな。, 箱を空けてみるとこんな感じ。2,000円そこそこのイヤホンにしては少しエラそうです。プレゼントにもいいかもしれないレベルです。, 同梱品は、KZ ZSN Pro本体、リケーブルケーブル、イヤピースSML3組、ドキュメント2種類です。説明書は英語版でした。, リケーブルケーブルはKZ ZSNに付属していたものと全く同じです。2,000円クラスのイヤホンとしてはしっかりしている方だと思います。この耳かけ部分にワイヤーがないので圧迫感もなく装着感がめっちゃ良いです。, おそらくKZ ZSN以降からケーブル差し込み口とケーブルの接合部分が変更となっています。KZ AS10やZS10・ZS6などの従来品よりもしっかりとハマるので抜けにくさはありません。ピンサイズの仕様は0.75mm2pinと変更ないので従来のKZ AS10やZS10などのケーブルも使うことは出来ます。, PUBGモバイルなどのバトルロイヤルゲームをするのに欠かせないマイクはこんな感じ。ワンボタンですがリモコン操作も可能です。, KZ ZSN Proと旧機種KZ ZSNを比較してみます。緑色のほうがKZ ZSN、紫色がKZ ZSN Proです。外形はほぼ同じです。, イヤーピース(イヤーチップ)の素材や形状は全く同じです。コンプライなどのウレタンイヤーチップには遮音性の面では負けますが、シリコンイヤーピースとしては上出来なレベルです。, よく見るとステム部分の角度が異なっています。旧機種KZ ZSNの方が傾いています。, 背面はKZ ZSNが削り出しっぽいのに対し、KZ ZSN Proはジュラルミン製とのこと。, オーディオに興味のある方はご存じと思いますが、買ったばかりのオーディオ製品、特にスピーカーやイヤホン・ヘッドホンには「エージング」が必要です。エージングとは、製造されてからまともに音を出していないオーディオ製品は本来の性能を発揮できていないため、聴くわけでもなく数十時間は音を出し続けることです。クルマで言う慣らし運転のようなものです。KZ社も必ず100時間エージングするよう推奨しています。実際はそこまでいらんけど一晩くらいエージングすると本当に音が変わります。, とりあえず、初期不良があると面倒なので、エージング無しで聴いてみます。デジタルオーディオプレイヤーはXDP-30Rで、音源ソースはaikoやback numberや秦基博などのJポップ、カウボーイビバップのサントラや和ジャズをALAC(Appleロスレスオーディオ)にて。イヤピースやイヤホンケーブルは付属品を使用します。, 聴いてすぐの印象は「本当に良く出来たイヤホンだな」です。そもそも高級イヤホンのように音場の広さや自然さはさすがに期待してませんが、非常に聞きやすいながらも明瞭で音圧も感じる「元気な音」でした。イヤホンを批評するのに「元気な音」というのは通常は褒め言葉ではありませんが、KZ ZSN Proについては例外です。, 超高音・超低音はあまり感じられませんが、普通の人が普通に聴いて欲しい音域を足腰強くしっかり表現できていると思いました。この傾向はすでにKZ ZSNのときからありましたが、その良い部分はきちんと踏襲していることを確認できました。ただKZ社のBAを使ったイヤホンに共通するのですが、買ったばかりの状態の時は高音が金属っぽいというか固すぎる傾向にあります。初期不良ではなかったため、このままエージングを行うこととしました。, 2日ほどエージングしたKZ ZSN Proをあらためて聴いてみます。音源とプレイヤーなどの条件は同じです。, まず高音の金属臭いほどの固さが取れて、BAドライバ特有の中高音の伸びと音の分離の高さが感じられるようになりました。また低音部分、すなわちDDが担当している音域が暴れ気味だったのが自然になってきて、低い音はより低く聴けるようになりました。KZ ZSN無印と比較するとスッキリしていてわざとらしくない感じです。, KZイヤホンでは昨年くらいからDDを大幅改良しているようで、DDを搭載した売れ筋商品に「Pro」を付けて販売しています。改良されたDDの特徴としては、エグいほどわざとらしかった重低音感を止めてなるべく自然な方向に変わったということと、音の歯切れが良くなったという2つが挙げられます。よく言えば豪快、悪く言えばじゃじゃ馬だったので、好きな人にはたまらないがそうでない人にはゴリゴリに聴こえてたのが上品になってきたのです。これは普通に素晴らしいと思います。, KZイヤホンの上位モデルでZS6・ZS5などは低音をDD、中音と高音にそれぞれ複数のBAドライバを使用していることから、柔らかい低音と固めの中高音というバランスが、個人的には好きではありませんでした。ところがKZ ZSN Proを聞いてみると低音〜中低音がDD、中高音〜高音がBAドライバと違和感を感じないところでクロスしているためすごくまとまりが良く聞くことができました。, いくらからが高級イヤホンというか分かりませんが、その辺と比べると音場感や分離感、繊細さなどは当然劣ります。でも普通に音楽を聴いたりゲームをしたりするって場合は、iPhoneやAndroidスマホに付属のイヤホンと比較したら、本当に雲泥の差です。, 褒めてばかりだとサクラと思われてしまうので、KZ ZSN Proの欠点・弱点を言います。オーディオ好きの耳から言わせると、音域が少し狭いです。特に高音の方。聴感的に16KHz以上がガクンと落ちている感じです。なのでクラシック音楽などで倍音を楽しみたいという方には不向きです。良く言えば長く聴いてても疲れにくいとも言えますけどね。, 旧機種と比べて低音がスッキリかつキレが良くなったため、敵の足音がより聞きやすくなった印象です。敵が二階にいるのか三階にいるのかがより分かりやすくなりました。向かえ側の建物の右側にいるか左側にいるかなどもハッキリわかります。, またKZ ZSN無印の記事にも書いたのですがスマホ付属のイヤホンでは、AKMなどの銃声がガツンガツン耳に来てうるさかったのでボリュームを下げざるを得なかったのですが、スマホ付属品のイヤホンから変えて以降は問題なくなりました。, ちなみにiPad mini5でPUBGモバイルや荒野行動などのFPSゲームをやる場合は、iPad miniの向きを以下の写真のようにしないとゲーム中に電源ボタンを押してしまうおそれがあります。いやFPSゲームに限らず、夢中になっちゃう的なゲームは全般的にそうかもしれません。, この場合はイヤホンプラグ部分がまっすぐのものだと手にあたってプレイできないため、KZ ZSN ProをはじめとしたKZ社のイヤホンのようにプラグがL型のものを選ぶ必要があります。, 中華イヤホンなど無名メーカー品を購入するのに不安な方のために、Amazonでの返品方法を簡単にご説明します。, Amazonで購入した商品を返品をしたい場合は、Amazonの「注文履歴」から対象商品を探すと「商品の返品」というボタンが発送日から30日間表示されるので、そちらから手続きを行います。そこで返品理由について入力しますが、理由がイメージ違いなどの自己都合の場合は返送送料がかかります。元払いか着払いでAmazon指定のセンターに送るのですが、着払い送料がいくらになるかは返品してからでないと分かりません。また故障や不具合などの初期不良であった場合は返送送料は当然かかりません。, ただし30日を過ぎると返品ボタンが表示できなくなりますので、Amazonによる返品サポートは実質受けられなくなります。この場合は商品に同梱されているメーカーの連絡先へメールなどで連絡します。らちがあかない場合はAmazonカスタマーレビューで不具合状況を書いて低い評価を付けると、メーカーからメールが来て交換方法などの案内がされます。, 私もECサイトのWEBディレクターとしてAmazonへ出展したことがありますが、顧客とのトラブルが多いとAmazonで商売できないよう追い出されてしまいます。これはYahoo!ショッピングや楽天より全然厳しい水準です。なので、購入から30日を過ぎてていてもメーカーに連絡するとすぐ良品を送ってくれるなどの対応をしてくれます。下手な国内メーカーよりもサポート対応が良いことが多いです。, 以上から、手続きさえ踏めば中国メーカーの電化製品も意外と安心して購入することができますよ。, 私も安月給なので無駄遣いはできないのですが、色んなイヤホンを試したい。その自分への理由付けとしてPUBGモバイルなどのスマホゲーム専用イヤホンにKZ ZSN無印を購入してましたら、これが予想以上の出来で満足していました。ところがKZ ZSN Proを使ってみると、明らかにKZ ZSN無印より進歩していることが確認できました。, KZ ZSN Proの音質は、特に中低音を担当するダイナミックドライバーが改善されており、聴感上、低音が下に伸びているにも関わらず重くない歯切れの良さを感じました。一言で言えば「大人の音」に近づいた印象が強いです。ネット上の口コミなどを見て「KZイヤホンは低音がダブついている」というイメージが強かった方も、これなら及第点以上は与えられるのではないでしょうか。, ましてや、たった2,500円ほどの価格でこれだけ音質が良く、リケーブル対応で断線やグレードアップ、バランス化のニーズにも応えられるイヤホンは国内メーカーを見てもそうそうありません。, それでは本日のプロダクトをおさらいします。KZ社の新製品イヤホンKZ ZSN Proはこちら。商品ページを開いたら「マイク付き」を選ぶことが出来ます。, KZ ZSN Proの価格を考えると充分高音質なのですが、こいつの良さをさらに発揮したい方はグレードアップケーブルに差し替えると幸せになれます。これは現時点で数少ない新型0.75mmの2pinに対応した商品です。, KZ ZSN Proの登場により、値崩れし始めたKZ ZSN無印を買うのも選択の一つですね。濃厚な低音が好きな人はむしろこっちの方が好みかもしれません。, と、、、この記事を書いているうちに、KZ ZS10 PRO(4BA+1DD)が発売されたのを知りました。私は旧機種KZ ZS10を持っていますが、良く出来た高音に対して不自然な低音が気になり使わなくなってしまいました。最近のPROシリーズではDDが大きく改善されたことをKZ社も謳っており、実際にKZ ZSN Proでそれを証明しています。これはたぶん買っちゃうと思うので買ったらレビュー記事書きますね。, 以上、ブログ「オニオン座」がお届けしました。最後までご覧下さり誠にありがとうございました。.

銀歯 取れた 戻す 4, 岐阜 雷 多い 4, Final Cut Pro Free Plugins 9, 低身長 治療 3歳 4, 満月の夜 勇気 名声 7, Excel グラフ 図形 変更 6, スカパー オン デマンド Ps4 15, Intel 10nm Tsmc 7nm 4, ウルトラ サンムーン ヘラクロス 出 ない 4, ソフトバンク キッズフォン Sim 差し替え 5, Miniクロスオーバー 購入 ブログ 5, ウイイレ2013 最強 選手 5, Ps Now メタルギア 4, Outlook 365 プロファイルの読み込み中 9, Rpgツクールmv Trinity 2020 7, 30歳 婚活 女 5, 車 写真撮影スポット 北海道 5, 図面 尺度 Free 14, シェーバー 洗浄剤 使い方 8, 株 初動 チャート 4, あつ森 ケーキ 帽子 10, Active Directory 移行ツール 2019 4, 大典太 光世 ドロップ率 4, Excel 日付 足し算 営業日 6, 動物 名前 かっこいい 8, マッシュポテト ジャーマンポテト 違い 9, 幻想即興曲 難易度 子犬のワルツ 7, Cubase 小節 ずれる 5, 真田丸 草刈 セリフ 6, 国立 天文台 執行部に対する評価報告書 戸谷 4, ニコラ 花 音 5, ルナアーラ 色違い 親名 20, カーポートマルゼン 店頭 価格 5, 4 年 社会 縮尺 33, Xpro2 購入 ブログ 8, アルファード ハブベアリング 交換 費用 20, Vmware Windows95 保護エラー 8, パソコン工房 Biosアップデート サービス 4, 五重塔 構造 工夫 8, 和田アキ子 韓国 竹島 4, 兄友 映画 相関図 5, マウンテンバイク 街乗り 安い 4, Autocad 縮尺 合わない 4, 読書レポート 書き方 中学生 15, エアリー マットレス 5cm 9cm 4, ファイテン ネックレス 長さ調節 4, うさぎ 穴掘り ストレス 7, Epson Ink Pads Reset Utility 4, 星野道夫 教科書 英語 17, Raon Lee 日本語 13, 図面 縮尺 1:100 10, 東芝 レグザ 修理 部品 53, 4 年 社会 縮尺 33, 黒い砂漠 Ps4 キャラメイク レシピ 7,

Leave a Comment

O seu endereço de e-mail não será publicado. Campos obrigatórios são marcados com *