postgresql function select 結果 4

(例外が1つあります。それはBEGIN、COMMIT、ROLLBACK、SAVEPOINTをSQL関数に含めることはできない点です。)

これについては次節で説明します。, SQL関数がSETOF sometypeを返すよう宣言されている場合、関数の最後の問い合わせは最後まで実行され、各出力行は結果集合の要素として返されます。, この機能は通常、関数をFROM句内で呼び出す時に使用されます。 たとえば、以下の関数はempテーブルから負の給料となっている行を削除します。, CREATE FUNCTIONコマンドの構文では、関数本体は文字列定数として作成される必要があります。

ループ実行中はループ文によるFOUNDの変更はありません。 key word DEFAULT, 全てのSQL関数は問い合わせのFROM句で使用できますが、複合型を返す関数に特に便利です。 括弧なしで行おうとすると、以下のような結果になります。, また、関数表記を使用して属性を抽出することもできます。

以下は、選択リストから集合を返す関数の例です。, 最後のSELECTにおいて、Child2とChild3などが出力行に表示されていないことに注意してください。 以下に例を示します(ここでは関数にドル引用符を用いる方法を使用すると仮定しているので、引用符を二重化する必要はありません)。, この例は、quote_identとquote_literal関数(項9.4を参照)の使用方法を示しています。 オプションのUSING式は コマンドに挿入される値を与えます。, PL/pgSQL変数は、この演算用のコマンド文字列へ置換されません。 この場合、最後の問い合わせの結果の全ての行が返されます。 その他にも、何か動作をさせるが、有用な値を返さないSQL関数を定義したいのであれば、voidを返すものと定義することで実現可能です。 2行目以降の行の結果は、全て破棄されます。 これにより、結果値の文字列形式を入力関数で受け付けることができない場合に、入力関数において実行時エラーが発生する可能性があることに注意してください。, 例えば、RETURNING句のないINSERTのように、行を返さない任意のSQLのコマンドについては、単にそのコマンドを記述することによってPL/pgSQL関数の内部でコマンドを実行できます。, コマンドテキストに現れる全てのPL/pgSQL変数名は、パラメータとして扱われます。 一方、PL/pgSQLはその他に一般的な計画を作成し、再使用に備えキャッシュします。 INOUTパラメータは、入力パラメータ(呼び出し引数リストの一部)と出力パラメータ(結果のレコード型の一部分)の両方を提供します。VARIADICパラメータは入力パラメータですが、次に記載するように特別に扱われます。, すべての"オプションの"引数が同じデータ型の場合、SQL関数は引数に変数を受け付けるように宣言できます。オプションの引数は配列として関数に渡されます。最後のパラメータをVARIADICと印を付けて宣言されます。このパラメータは配列型であるとして宣言されなければなりません。例をあげます。, 実際、VARIADICの位置以降の実引数はすべて、あたかも以下のように記述したかのように、1次元の配列としてまとめられます。, しかし、実際にこのように記述することはできません。 VARIADIC印の付いたパラメータは、自身の型ではなく、その要素型が1つ以上存在することに一致します。, 時として、variadic関数に既に構築された配列を渡せることは有用です。1つのvariadic関数が、自身の配列パラメータをほかのものに渡したいとき特に便利です。呼び出しにVARIADICを指定することで行えます。, これは関数のvariadicパラメータがその要素型に拡張するのを防ぎます。その結果、配列引数値が標準的にマッチされるようになります。VARIADICは関数呼び出しの最後の実引数としてのみ付加できます。, 一部またはすべての入力引数にデフォルト値を持つ関数を宣言することができます。

これは、基本的なSQLコマンドを記述して、それにINTO句を追加することによって行われます。

この方式はデータの値をテキストとしてコマンド文字列の中に挿入する際、よく好まれます。 ただし、この機能は現在では推奨されておらず、今後のリリースでは削除される可能性があります。

SQL関数は、任意のSQL文のリストを実行し、そのリストの最後の問い合わせの結果を返します。 SELECTのように行を返すSQLコマンドは、エラーとして拒絶されます。

例を示します。, この形式はさらに有効です。 FOUNDはループが終了した際、このように設定されます。 文字列定数を単一引用符で括る通常の構文では、関数本体中で使用される単一引用符(')とバックスラッシュ(\)(エスケープ文字列構文を仮定)を、通常はこの文字を二重にしなければなりません(項4.1.2.1を参照)。, SQL関数の引数は関数本体内で$nという構文を用いて表すことができます。 したがって、例えば, 最も簡単なSQL関数は、引数を取らずに単にintegerのような基本型を返すものです。, 関数本体内で関数の結果用に列の別名を(resultという名前で)定義したことに注目してください。 例えば次のようなWHERE句の結果はどうなるのでしょう。, これはkeyvalueがNULLである限り成功しません。 代わりに、普通のSELECTコマンドを実行し、EXECUTEの一部としてINTOを記述してください。, 注意: PL/pgSQL EXECUTE文はPostgreSQLサーバでサポートされているEXECUTESQL文とは関連がありません。 quote_nullable関数を使用することで、この問題を回避することができます。 40.5. 以下に例を示します。, パラメータ記号はデータ値のみ使用可能です。

必要な変数の値はすべてコマンド文字列を作成する時に埋め込まなければなりません。 34.4.3. FOUNDに対して行われた全ての変更は、現在の関数にのみ影響します。, 何もしないプレースホルダ文が有用になることがあります。

関数が基本型を返すよう定義されている場合、テーブル関数は1列からなるテーブルを作成します。 しかし、独立した複合型定義に悩まされることがなくなり、便利であるともいえます。, SQLから関数を呼び出す時、出力パラメータが呼び出し側の引数リストに含まれないことに注意してください。 この例を次のように記述するのは非常に悪い考えです。, なぜなら、newvalueの内容がたまたま$$を含む時は、途中で次の処理へ移ってしまうからです。 対象の変数は単純な変数(ブロック名で修飾可能)、行変数またはレコード変数のフィールド、または単純な変数またはフィールドとなる配列要素とすることができます。

例えば、関数の呼び出しにおいて、副次的な成果を取得できるが、結果は無用である場合です。 PL/pgSQL変数により残りの問い合わせが置換され、行を返さないコマンドにおいて述べたように計画がキャッシュされます。 以下のように、特殊なFOUND変数(項40.5.5を参照してください)を調べて、行が返されたかどうかを検査することができます。, STRICTオプションが指定された場合、問い合わせは正確に1行を返さなければなりません。 RESULT_OIDはOIDを保有するテーブルへのINSERTコマンドの後でのみ有意であることに注意してください。 その動作は、NULL引数付きで呼び出された場合に文字列NULLを返すことを除いてquote_literalと同一です。 デフォルト値は、関数が実際の引数の数に足りない数の引数で呼び出された場合に挿入されます。 上の関数は、次のいずれかの方法で削除することができます。, パラメータには、IN (デフォルト)、OUT、INOUT、またはVARIADICという印を付与できます。

以下に例を示します。, 項34.4.1で示したadd_em版と基本的な違いはありません。 関数本体における固定のテキストを引用符付けする推奨方法は、ドル引用符を使用する方法です。 例えば、以下のようにして関数に渡すデータを調整することができます。, 複合型を返す関数を作成することも可能です。 本節および次節では、明示的にPL/pgSQLで解釈される、全ての種類の文について説明します。 式は1つの値を生成しなければなりません この場合、関数によって返される各行は、問い合わせによって見えるテーブルの行になります。

基本的な文. (変数が行変数またはレコード変数の場合は行値となるかもしれません)。 もし動的に決定されるテーブルや列名を使用したい場合、テキストでコマンド文字列にそれらを挿入する必要があります。 なぜなら、どの1行を返すか決定するORDER BYのようなオプションが存在しないからです。, print_strict_paramsが関数に利用可能であり、かつ要求がSTRICTでないためにエラーが発生した場合、エラーメッセージのSTRICT部分は問い合わせに渡したパラメータに関する情報を含みます。 しかしPL/pgSQLでは無記述の文が許可されています。. SQLのSELECT文と同じ方法でqueryを記述しますが、最初のキーワードSELECTをPERFORMに置き換えてください。 別の方法として、テーブル行は以下のようにテーブル名だけを使用して参照することができます。, その場で複合型の引数値を作成することが便利な場合があります。 出力パラメータが1つしか存在しない場合は、recordではなく、そのパラメータの型を記述してください。, 現在、集合を返す関数は問い合わせの選択リスト内でも呼び出すことができます。 引数は実引数リストの終端から省略することができますので、デフォルト値を持つパラメータの後にあるパラメータはすべて、同様にデフォルト値を持たなければなりません。. 以下の例において、関数内部でその引数を$1と$2としてアクセスしていることに注意してください。, 以下にもう少し役に立つ関数を示します。 しかし、INTOを伴ったSELECTでは、この解釈が通常と大きく異なることに注意してください。 また、特殊な変数であるFOUNDは問い合わせ結果が1行でも生成された場合は真に設定され、生成されない場合は偽に設定されます(項40.5.5を参照してください)。, 注意: 直接SELECTを記述すれば、この結果を得ることができると考えるかもしれませんが、現時点でこれを行う方法はPERFORMしかありません。

転生賢者の異世界ライフ 3巻 内容 5, バイオハザード7 攻略 Dlc 56, Vba Pdf 結合 50, 愛知県 高体連 剣道 5, 探偵ナイトスクープ 犬 さっちゃん 動画 19, S15 純正タービン 種類 4, 犬 足の あいだ に入る 8, Bmw Diy Coding パスワード 8, ヤード ポンド法 アンサイクロペディア 7, 中田敦彦 Youtube 登録者 推移 6, 絢香 病気 妊娠 8, カンゴール コラボパーカー 牛沢 6, Queen カラオケ 歌いやすい 4, ゴリランダー グラススライダー 覚え方 52, 魚津 祭り 2020 11, Vba テーブル 検索 13, 片 対数グラフ レポート 4, Android 片手モード Huawei 4, 物理基礎 数研出版 類題16 11, 新 馬 戦 2019 結果 5, Bmw X7 納車 21, 28mhz アンテナ 自作 13, ホンダ Dct 故障 4, 浮気 歌 ボカロ 18, Sony Bs 映らない 6, Bmw F10ブレーキパッド 交換 リセット 19, エリシオン 社外ナビ 取り付け 費用 6, カブ アルミ ボックス 4, ドラクエ ウォーク ダーク キング 高難度 6, 部活 楽しくない バスケ 30, Ark モンスターボール コマンド 45, 車検 傷 バレる 9, トイレ 水受け 陶器 4, X T3 美肌 5, Python Opencv 色検出 23, Line 絵文字 シュール 4, 星野道夫 教科書 英語 17, 入学 保証人 代筆 4, Up Gti Led 6, コパン ワッペン 付け方 6, 愛着形成 赤ちゃん チェック 37, 荒野行動 用語 げき ろう 5,

Leave a Comment

O seu endereço de e-mail não será publicado. Campos obrigatórios são marcados com *